準備を整えて臨む不動産の売却

不動産会社の情報を集め比較検討して選ぶ

このことからも、十分な時間をかけて準備をすることの大切さが分かります。
何も知らないまま契約しようとしていたら、相手に都合のよい内容の契約で話が進んでしまうところでした。
必要のない土地・建物は1ヶ所だけだったので、まずは自宅から近い会社の中から契約相手を見つけることにしました。
信頼できる会社が見つからなければ、遠いところで探すつもりだったのです。
いくつかの会社の情報を集め、じっくりと比較してみたところ、安心して任せることができそうな会社が見つかりました。
もっと時間がかかってしまうことを覚悟していたため、予想以上にスピーディーに進められることに満足です。
実際に担当者と話をしてみて、この会社なら大丈夫だろうという思いが生まれました。

地方の古い住宅地の築30年の戸建てに住んでたが売却した。


・周辺世帯の7割以上が高齢者で今後も空き家が増加&若者は年々減っている
・リフォームの時期を過ぎており費用がかかる&賃貸なら会社補助が出る
・ここ20年近隣から売り家が出ず、不動産屋も購入者も相場が分からず高値で売り抜けられそう https://t.co/6LqpFKdOjP

— Key@North East (@Keywithbeer1) 2018年12月13日
具体的な手続きは担当者に任せるしかなかったのですが、自分で何もしなくてよいわけではありません。
担当者が動いてくれている間にも、情報収集は怠らないように注意していました。
売却の手続きが終わった後は、もう不動産に関する取引をする機会がなさそうな状況だったのですが、ここで身につけた知識は他の場面でも役立たせることができると考えていたのです。
せっかくのチャンスを活かすようにしないと、時間をかけて手続きをする意味がなくなってしまいます。

不要な土地や建物を売却するには事前の準備が必要 | 不動産会社の情報を集め比較検討して選ぶ | 信頼できる相手に任せて納得の行く金額で不動産売却 | 人生初めての不動産売却